八重垣の新酒

今年も新酒の時期が
やって来ました

日毎に日差しも短くなって朝夕の気温が下がっていくと日本酒造りに最適な時期となります。今年の秋に豊かに実った酒米を使用し、自然の気候を生かしたなかで八重垣の寒造りによる仕込みが始まります。蔵で出来上がったばかりの寒造りのお酒を瓶詰めした新酒は、まさに以前では蔵に立ち寄るか、その地域でしか味わえなかったもの。今年も一度詰口のみの限定数量にはなりますが、しぼりたて・にごり酒・無濾過生原酒を発売致します。フレッシュさと同時にまるみのある味わいはまさに蔵の思いが込められた逸品です。

八重垣 無濾過生原酒 しぼりたて

八重垣 無濾過生原酒
しぼりたて

  • 720ml
  • 1800ml

¥1,500~¥2,750(税込)

蔵人が蔵入りして最初に醸した新酒です。その年の秋に収穫される新米で醸しました。タンクによる熟成期間がなく加熱処理を一切していない、しぼりたてならではのフレッシュで豊かな味わいをお楽しみ頂けます。またロックでも、より一層華やかな香り・味わいが引き立ちます。常温または冷やしてお召し上がり下さい。シリアルナンバーが入った木札付きで杜氏の今年の新酒への思いが語られています。

購入する

FOOD PAIRING

  • お刺身

    お刺身

  • ブリ大根

    ブリ大根

  • 温かいおでん鍋

    温かいおでん鍋

新酒限定にごり酒

新酒限定にごり酒

  • 720ml
  • 1800ml

¥1,270~¥2,310(税込)

冬季限定の新酒生酒です。その年の秋に収穫される新米で醸しました。にごり酒特有の濃醇・芳醇で新鮮な味わいをお楽しみ下さい。常温または冷やしてお召し上がり下さい。シリアルナンバーが入った木札付きで杜氏の今年の新酒への思いが語られています。

購入する

FOOD PAIRING

  • カキフライ

    カキフライ

  • うに

    うに

  • もつ煮

    もつ煮

「しぼりたて」と「にごり酒」を
セットで愉しむ
新酒セット

贈り物にもオススメ

  • 720ml×2
  • 1800ml×2

¥2,970~¥5,280(税込)

この秋に収穫した新米で仕込んだ、2021年の「しぼりたて」と「にごり酒」をセットにしました。縁起物である新酒のセットは、お歳暮や新年のご挨拶にもおすすめです。

購入する
八重垣 純米 無濾過生原酒

八重垣 純米
無濾過生原酒

  • 720ml
  • 1800ml

¥1,600~¥3,201(税込)

但馬杜氏が熟練の技で醸した生まれたての原酒。口当たり柔らかく爽快な香り、無濾過生原酒ならではの飲み応え。濃醇な旨味が調和する旬の美味しさです。

2021年12月13日 発売予定

FOOD PAIRING

  • ふろふき大根

    ふろふき大根

  • しょうが焼

    しょうが焼

  • しゃぶしゃぶ

    しゃぶしゃぶ

酒林の飾りつけ

酒林の飾りつけ

「酒林」は杉の緑葉でつくった大玉で、今年も良い酒ができたことを周りに知らせるために造り酒屋の軒先に吊るされるものです。丸い形から「杉玉」ともいわれています。昨年以上に良い酒ができることを願い、また、冬の酒造り期間中、蔵人が事故なく無事に仕事ができることを祈願して、「酒林」を吊します。

贈答にもおすすめ

生まれたての新酒は縁起がよく、新年を祝うにふさわしい一本です。
くる年が希望の年であるよう願い、大切な方や自分への労いにご利用ください。

ラッピングサービス

熨斗、お渡し用の紙袋も
ご用意しております。

包装

贈答用化粧箱

贈答用化粧箱(有料 ¥110)

包装イメージ

包装した状態

商品によって、専用の化粧箱が付いているものがございます

  • 専用の化粧箱が付いている商品は、そのまま包装いたします。
  • 化粧箱なし商品の包装をご希望される場合は、有料の箱にいれて包装いたします。

専用化粧箱の有無について

専用箱の有無については、商品詳細ページのアイコンをご確認くださいませ。

商品詳細ページのアイコン例

紙袋

贈答用紙袋

熨斗

蝶結び

蝶結び
(繰り返しても良いお慶び事)

出産内祝い、奉献、一般的なご祝いごと、お礼 など

結び切り

結び切り

結婚引出物、結婚内祝い、快気祝い など

黄白結び切り

黄白結び切り
(仏事用)

お通夜、告別式、香典返し、法事など

短冊のし

短冊のし

お歳暮・お中元・お年賀・お年始・内祝・お祝 など

※のしについて特にお客様からご指定の無い場合は、包装の上から短冊形ののしを貼り付けてお送りいたします。

創業355年、伝統と革新の酒造り

創業355年、
伝統と革新の酒造り

ヤヱガキ酒造は寛文6年(1666年)、美しい自然と神話に彩られた、兵庫県・播州林田の地に創業。
本場で育まれた酒米の王様「山田錦」、「鹿ケ壺」を源流とする揖保川系林田川の伏流水、そして「寒仕込み」を究める蔵人の技と矜持。
3つの柱が、ヤヱガキの芳醇なる旨みを生み出します。