純米大吟醸 中吟仕込原酒 壱ノ火

  • 化粧箱なし
  • 720ml
  • 完全予約品

¥ 3,300(税込)

  • 720ml:¥ 3,300(税抜 ¥ 3,000)

商品情報

本商品のご予約受付は終了いたしました


山田錦と五百万石を丁寧に50%まで精米し醸した純米大吟醸の原酒。その旨味を最大限に引き出すため、一回火入れを行い瓶熟成させました。原酒ならではのふくらみある味わいと純米大吟醸ならではの洗練された風格をご堪能いただけます。
【シリアルナンバー入りラベル】

■ご予約締切日:2月28日(月)
■お届け予定日:3月12日(土)

天候や交通事情等により遅れる場合がございますので予めご了承ください。

※※※※※※※※【ご注意】※※※※※※※※
本商品は他の商品との同時購入は出来ません。
「包装」をご希望の場合は簡易包装になります。
「熨斗」をご希望の場合は短冊熨斗になります。

テイスティングノート

■原料米/山田錦・五百万石
■精米歩合/50%
■アルコール度数/17度
■日本酒度/2
■酸度/1.6
■アミノ酸度/1.6
□おすすめの飲み方/冷酒・常温


-----------------------------------------------------------
720ml (1.5kg / サイズ 130×135×330mm)

酒造好適米「山田錦」

イメージ

普通のうるち米よりも背が高く、粒も大きい山田錦は雨風にさらされると倒れ易く栽培の難しさが特徴です。酒造りに必要な心白を大きく育てるためには昼と夜の温度差の大きく水はけの良い粘土質が最適です。このような山田錦育成に最適な地が、兵庫県の六甲山系の裏側山間部にあります。ヤヱガキ酒造は、この山田錦の産地に近く、その米の良さを引き出すべく毎年仕込みを続けています。

酒造好適米「五百万石」

イメージ

「西の横綱」と呼ばれる山田錦に対し、「東の横綱」の名で知られる人気の酒造好適米、五百万石。昭和13年、当時の新潟県農場試験場で交配により生み出された五百万石は、寒冷地向けに開発された早生(わせ)品種で、大粒で心白が大きく麹が造りやすいことが特徴です。淡麗ですっきりした酒質を生む傾向があり、「淡麗辛口」は五百万石の開発があったからこそ実現したとも言われています。

フードペアリング

イメージ

菜の花の辛子和え
ねぎぬた
海老のチリソース炒め
中華風サラダ
チーズ(白カビタイプ)
生ハム
豚の角煮
サーロイン炙りステーキ
筍の若竹煮
桜餅

火入れで変化する日本酒の魅力

イメージ

「火入れ」とは加熱処理のこと。日本酒は2回の加熱処理を行い、この作業は「火入れ」と表します。加熱することで酒の中に残っている酵素の働きを止め、日本酒の味わいを長くすることが可能になります。
一方、製造から出荷までの過程で一度も火入れを行わない日本酒を「生酒」と呼び、貯蔵前の火入れは行わず、出荷する前に一度だけ火入れを行う日本酒は「生貯蔵酒」と呼びます。生のまま貯蔵し瓶詰め工程時に火入れを行なったもので、生酒のようにフレッシュで爽やかな味わいが特徴ですが、生酒よりも口あたりはまろやかで品質が安定するという魅力があります。